トップ

アニメーションの専門学校

学校の役立つ知識

義務教育

アニメーション学校で学ぶこと

今やCool Japanの代名詞と言えるアニメーション産業。年間に放送される作品の数は、なんと250本程にもなるそうです。そんな業界に人材を輩出する役割を担っているのが、専門学校です。アニメーション専攻コースでは、デッサンの練習や、PhotoshopやFlashなどのグラフィックソフトの使い方、3DCGの作り方、映像演出の方法などを学習する事が出来ます。この業界に携わる人材は、不足しているのが実情な為、就職率も非常に高いです。その一方で、この産業に携わる人の労働条件は非常に厳しいです。労働条件を良くしていくには、高い製作能力や、最新の製作技術を常に学び続けるなど、常に成長を考えていくことが求められそうです。そのような事も考えて学校を選びましょう。

学びの中でのアニメ導入の増加

学校での休み時間の使い方の一つに読書があります。子供たちの多くは読書が好きです。子供たちは、思い思いの本を読んでいますが、よく観察すると漫画の本を読んでいる子が意外と多いのです。歴史物や自然事象に関する知識本、あるいは名作といわれる読み物の漫画版まで、いろいろな漫画を読んでいます。教材の中にも、その影響が出ています。教科書でも漫画が活用され、アニメの教材もかなり出回っています。電子黒板や大型テレビで教科の内容に即したアニメを流し、理解の深まりを狙っています。学校では、子供たちの興味に即した教材で、知識や理解の深まりを狙っているのです。

↑PAGE TOP

© Copyright アニメーションの専門学校. All rights reserved.