トップ / 日本語学校に行くメリット

日本語学校に行くメリット

日本語学校について

義務教育

日本語学校で教師になる

日本語教師という仕事をご存知ですか?日本語学校で日本語を母国語としない人々に、日本語だけでなく、日本の文化や習慣などを教える仕事です。日本各地のほか、世界中の様々な地域で、仕事があります。日本語教師になるには、日本国内においては特定な国家資格はありませんが、日本語教師養成420時間講座終了や日本語教育能力検定試験合格、大学で日本語教育を主専攻または副専攻など、雇用者によって採用基準があります。日本語学校で世界の人々に日本を教える仕事に就いてみませんか。

心配は全て解決の日本語学校

日本語学校というと、海外からの留学生などが日本語を学ぶところというイメージがあります。しかし、そこで教えられているのは、単なる実践的な日本語だけではなく、語学としの日本語の基本的なところから取り扱っています。一方、普段から日本語を使用している日本人でも、語学的な意味での日本語の基本をしっかりと身につけているとは限りません。そこで、日本人であっても、あえて日本語学校で学ぶ意義は十分にあるといえるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright アニメーションの専門学校. All rights reserved.